仕事内容 SERVICE

  1. HOME>
  2. 事業案内

防水工事

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。

初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。
最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。

特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になってきます。
漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。

その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、 雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。
防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。

塗 装

外壁塗装

外壁にはコケ・ホコリ等、そしてクラック(ひび割れ)サイディングの目地の劣化等、長年の経過と共に様々な症状が現れてきます。先ず最初に外壁の状態を分析し、ご報告をする診断書を作成いたします。お客様に理解して戴いてから材料を選び、丁寧に洗浄をし汚れを取り適切な下地処理をしてから下塗り→中塗り→上塗りの順番で施工しています。もちろんお客様には、今何を塗りどの様な作業をしているのかをご報告して施工に努めています。

屋根塗装

もしかしたらお客様が一番、視えないのは屋根なのではないでしょうか?
多くのお客様のお宅を塗り替える時、屋根のご心配をされる事が多い気がします。
そして多くの大手ハウスメーカーの営業マンは屋根の事を話して、過敏にお客様の不安を煽るケースもよくあります。我社は現状の写真を撮り、お伝えして適切な診断を心掛けています。ですので「まだ2,3年は持ちますよ」との事も素直にお伝えする事も有ります。不安を煽るのではなく、視える仕事(工程写真等)で安心して戴ける様施工に努めています。

リフォーム

外装リフォーム

お住まいを長持ちさせる為には、塗装が欠かせません。
お住まい自体の耐用年数と塗装の耐用年数が違う為、一般的に耐久年数は、30年と言われていますが、お住まいによってそれ以上です。
しかし、外壁用塗料の耐用年数は7〜8年、新に開発されている塗料でも12〜15年程度です。つまり、一生の間で耐用年数を考えると何回かは塗装が必要となってきます。

内装リフォーム

クロス貼り替え、水廻り、ユニットバス、洗面所、キッチン、リビングルーム、トイレ、太陽光発電、エコキュート、IHクッキングヒーター、改装工事、なんでも対応しております。
快適な住まいづくりのためのインテリア商品・住宅設備機器なども取りそろえ、お客様の夢の実現をお手伝いしています。